MSC コロナ対応処置     ~セーフバブルクルーズ~

乗船前のCOVID-19検査

欧州疾病予防管理センター(ECDC)が「高リスク」と判断した国からご旅行されるお客様は、出航前72時間以内にRT-PCRスワブ検査を受ける必要がございます。オリジナルの証明書をご持参頂ければ乗船時の検査は不要です。弊社としてはご出発前の検査をお勧めしておりますが、乗船前の検査も可能です。
尚、2歳未満の幼児の検査は不要です。
ゲストに病気の兆候がある場合や、乗船14日以内にCOVID-19発症者との接触があった場合、搭乗を拒否されます。コロナ保険のご加入をお勧めします。

乗船中のCOVID-19 モニタリング

ゲストは毎日行われる非接触での検温を乗船中に受けます。ゲストの健康状態は検温と検査に加えて常にモニタリングされます。また船はメディカルセンターを有し、増員された訓練済みのスタッフが常に対応します。

守られた寄港地観光

寄港地観光はMSCクルーズの厳格なプロトコルによって”守られた”状態で行われます。寄港地観光中は健康と安全に関する検査を受けた人以外との接触は起こりません。

ソーシャルディスタンスの確保

正しいソーシャルディスタンスを確保するため、船の乗客定員は70%まで減員されます。共用部分ではマスクの着用が必須となります。(レストラン、バー、サンデッキでの着席中は除く)

頻繁な清掃と消毒

船のすべてのエリアが一日に数回、医療品質の消毒液を使って消毒されます。手指消毒用の消毒液は船内中に配置されいます。

SafetyInfographicJPNjpg_small

コロナ特別保険のご用意

コロナ専用の保険もご用意しております。 詳しくは保険サイトをご確認下さい。

詳細につきましてはMSC専用ホームページをご確認下さい
https://www.msccruises.jp/jp-jp/MSC-Health-And-Safety-Measures.aspx

※上記情報は2021年5月下旬現在の情報です。コロナ対応は日々変わりますので、乗船時は異なる場合がございますので予めご了承くださいませ。